リフォームで建物の内装や外装を新しく変えて見た目をよくしよう

住みやすい家

洋風のリビング

私の実家はマンションなんですが、この度両親が建築会社にリフォームを依頼する事を決断しました。
リフォームを決断した理由は、子どもが自立し、家に夫婦だけになった事。
築20年以上経つため内装も古くなってきた事、廊下や玄関に段差があるため、高齢になった両親はバリアフリーにしたかった事などが挙げられます。
実家のマンションは4LDKの間取りなのですが、玄関横の子ども部屋は解体され、玄関を拡張してウォークインクローゼットに生まれ変わりました。
キッチンも対面式になり、お風呂も車椅子でも入れるように、間口を広くしました。
住む人間が時が経って変わると共に、適した間取りや設備も変化するべきなんだと、非常に感じました。

リフォームをする事によって、非常に生活がしやすくなったと両親は喜んでいます。
もう独立して別々に暮らしている私達子ども達も、実家に行くのが楽しみになりました。
光も入りやすく工夫したので、暖房をつけなくても陽の光で、十分に暖かさを感じますし、家全体が明るくなったので、家族全員が楽しい気持ちになります。
会話もリフォーム前より、弾む気もしますし、何より両親が元気になり生き生きしているように思えます。
リフォームで実家は非常に綺麗になり、生活もしやすくなりました。
しかしそれ以上に家族全員が家で過ごすたびに幸せな気持ちになれることがリフォームがもたらした最高の結果だと思います。
リフォームを検討されてる方は絶対するべきだと思います。